ラスベガス特集 ~映画編~ by プロギャンブラーNOBUKI

2011年10月28日のぶき

nobuki.jpg

年間勝率9割を記録し、世界82ヶ国をさすらい中のNOBUKI(のぶき)です!

ラスベガスと言えばカジノ!カジノと言えばラスベガス!

きらめくネオン街には様々な魅力が満載。そんなラスベガスを存分に楽しむために「ラスベガス特集」を全6編でお送りします☆

第一回目は映画編!

ラスベガスへ行く前に映画で予習しておけば、10倍ラスベガスを感じることができる☆


 

ラスベガスを楽しむための映画ベスト5

1.バグジー(1991年)

c5be297e.jpg


 ― ラスベガスを作り上げた伝説のマフィアのトゥルーストーリー。ただの砂漠を100万人都市に変えるきっかけをつくった人。彼が作ったフラミンゴヒルトンホテルはラスベガスの中央にあるので、必ずお目にかかることができる。この映画を見てから行くと、ラスベガスやこのホテルを見た時の感動が100倍アップすること間違いなしだ。


2.幸福の条件(1993年)

Lasvegas_kouhukunozyouken.jpg

出演 デミ・ムーア&ロバート・レッドフォード

 ―  ギャンブルに夢をたくす若い夫婦と1億円をひと勝負に賭ける超大金持ちとが幸福というテーマを問いかける映画。「お金で愛も買える」という大金持ちが、「1億2千万円で奥さんをひと晩貸してくれ。」とすっからかんの夫婦に申し出る。そのひと晩がきっかけで、若い夫婦の愛が崩れ始める。有り金を全部すった人や1億円をひと勝負に賭ける人は、実際にラスベガスに存在するのであながち作り話には見えない。ギャンブル心やラスベガスを感じることができる映画。


3.カジノ(1995年)

Lasvegas_casino.jpg

出演 ロバート・デ・ニーロ&シャロン・ストーン

 ―  マフィアが仕切っていた20年前のラスベガスでのトゥルーストーリー。以前のこわい顔も持つラスベガスに、トリップできる映画。見てから行くとダーティーな都市が、現在のファミリーでも楽しめる都市によく変身できたな、と感心できる。


4.レインマン(1988年)

lasvegas_rainman.jpg

出演 ダスティー・ホフマン&トム・クルーズ

 ―  人並みはずれた記憶力の持ち主が、ブラックジャックで勝ちまくり、カジノを追い出されるというストーリーが入っている。泊まっているシザースパレスホテルのスウィ ートルームは必見。1泊100万円くらいするはず。ゴージャスさと運のついて いる ギャンブラーを垣間見ることのできる映画。ちなみにダスティー・ホフマンが演 じた先天的に持っているテクニックを習得するのに、僕は1年かかった。


5.リービング・ラスベガス(1996年)

Lasvegas_Leavinglasvegas.jpg

出演 ニコラス・ケイジ

 ― アメ リカの中で、死ぬ場所としてNo.1に支持されているのもラスベガスだ。この映画のよ うに人生の最後を求めて、ラスベガスに来る人が実際にいる。裏を返せば、全米で人生の最後にふさわしい場所として支持される場所へ一度行ってみよう。


番外編 ラウンダーズ (1998年)

Lasvegas_rounders.jpg

出演 マット・ディモン

 ― プロギャンブラー魂を知り尽くした人が作った、ポーカープロの映画。ギャンブルで生きていくという世界観を見るにはベストな映画。ラスベガスは殆ど出てこない。僕も2003年にこの世界を目指す。

次回はラスベガス特集 ~観光編~です!



  1. 特集第一回 映画編
  2. 特集第二回 観光地編
  3. 特集第三回 基本情報編
  4. 特集第四回 観光の勝ち方編
  5. 特集第五回 グルメ編
  6. 特集第六回 ギャンブル編

↓こちらもご覧ください↓

▼ おすすめ記事 ▼

ウォールストリート一攫千金は突然に・・・驚愕の
ジャックポット

当サイトの読者さんが、驚愕のジャックポットを獲得!突然の高額賞金を前に、何が起きたか分からなくなる。

おすすめ記事を読む≫

zyakku 勝利の感動は2度やってくる

オンラインカジノで50万円を稼いだ宮本君。この男、プロのギャンブラーでもなければ熟練者でもない。
そんな彼がなぜ50万円もの大金を稼ぎ出すことができたのか・・・・

おすすめ記事を読む≫

 
ライブディーラー

海外にわざわざ行かなくても、自宅のパソコンで本場カジノが楽しめます。

ジパング

はじめての方にもおすすめ

ベラジョン

スマホやタブレットでも楽しめる

スマートライブ

可愛い日本人ディーラーと勝負

777

本場カジノの雰囲気が味わえる

遊び方はこちら≫



▲ページの上部へ