スペインへの交通の要「タンジェ」

2012年04月23日のぶき

スペインからフェリーでアフリカへ入るとき、だいたいここへ来る。
アフリカの交通の要なひとつ。新タンジェ港
1601.JPG
この場所を地図で見る(GoogleMapで開く)
[タンジェ港]

国境って、国旗の掲揚あるとこ多し。
ここは今まで80ヶ国を周ってるなかで、数としては一番多い。
1602.JPG
近場めで有名都市は世界遺産のフェズ。
この場所を地図で見る(GoogleMapで開く)
[海側がタンジェ港/中央下部がフェズ]
素敵な建築物など写真4枚っす♪
しょーじき、モロッコ人はタカってきてイマイチだけど、観光都市としては素敵。

門がまじアートっす
1603.JPG
この場所を地図で見る(GoogleMapで開く)
[アラビア文字だけど、ココ]

イスラム教の礼拝所モスクへ入るときに、足とかを洗う水場。タイルの芸術
1604.JPG

通りかかった無名の礼拝所ですら、美しい
1605.JPG

守護聖人のお墓もある修道院
1606.JPG
この場所を地図で見る(GoogleMapで開く)
[ザウィア・ムーレイ・イドリスはココ/聖域なので異教徒は入口のみ]

腹が減っては戦ができぬ♪
モロッコ料理・タジン鍋⇒煮込み料理
1607.JPG
お店によって、おいしいかがすげぇー分かれる料理。
ガイドブック「歩き方」の口コミ情報にある、この写真のが一番おいしかった。

[モーベンピックホテル&カジノ]あり。
町から4キロ離れてる。タクシーでいこー。
1608.JPG
この場所を地図で見る(GoogleMapで開く)

写真を撮ってると警備員がわんさか来襲。マジ怖ぇー
だから、↑の写真は隠し撮り。
待たせてたタクシー乗って逃げちまったょ。悪者かぃ
1609.JPG

「カジノの写真を撮られる」のが、イスラム教的に嫌なのかな?
よく分からん。ばればれだろ、このご時世。
って、今よく見たら、撮影禁止の看板あり。ホテル撮るのに、気付くかょ
1610.JPG
この場所を地図で見る(GoogleMapで開く)

16時~7時
スロット200台。
テーブルゲーム30台。ルーレット13台。ブラックジャック13台。

【ルーマニア・ブカレスト】

独裁宮殿とカジノ at ブカレスト

共産国家時代に、独裁政治で作られた宮殿とかあり。
1500億円かけ、部屋数3000以上の独裁者による未完の宮殿。
5001.JPG
この場所を地図で見る(GoogleMapで開く)

共和国宮殿
5002.JPG
この場所を地図で見る(GoogleMapで開く)

5003.JPG
この場所を地図で見る(GoogleMapで開く)
国民は飢餓状態なのに。。。独裁ってマジ最低

首都ブカレストの治安は、観光客へだと良くない。
かなりケアしながら、旅しよー

【並んでたら並べ】by 僕の旅ルール
なにか分からず並んで買う♪ドーナツだった♪甘っ
5004.JPG

ケンタにビールあり♪って、デンマークのビールやん
5005.JPG

ブカレストでのカジノへのメモ
①多くのカジノが入場料必要。スロットだけなら5レイ(100円)
カジノメインへは20レイ(500円)5ユーロで支払可能なカジノもあり。

②カジノがホテルにと隣接してる。タクシーで行くほーが楽っす。

③最大手でオサレなカジノパレスは閉店。。。
改装中なのか、潰れたのか、ボディーランゲージを駆使するも通じず。
5006.JPG
さぁカジノへ♪中心地に近くて大きなカジノを3軒ご紹介。

①プラティナム・カジノ
5007.JPG
この場所を地図で見る(GoogleMapで開く)

ラディソンホテルに隣接してあるカジノ。24時間営業。
入口と1階は最新系のオサレなクラブ系の内装。
なぜか2階のテーブルゲームフロアーへ上がると、一気にふつーへ。手抜きか?
スロット87台。ルーレットマシーン21席。
ほとんどのディーラーは英語もしゃべれる。
ルーレット6台、2.5レイ~(≒60円)/ブラックジャック3台、10レイ(≒250円)
ポーカー系テーブルゲーム6台/クラップス/オーダーすればバカラもさせてくれる
ポーカー3台。ホワイトを多用しててオサレ。
16時で大会してて、すでにいっぱい。通常は18時すぎじゃないと混まない。
「10-20レイ」(1レイ≒25円)1000バイイン

②クイーンカジノ
5008.JPG

5009.JPG
この場所を地図で見る(GoogleMapで開く)

ハワードジョンソン・ホテルの2階。24時間オープン。
スロット70台。テーブル15台。
2006年に来たときは、ポーカーが1~2台あり、大きなレートが動いてた。

③メトロポリス
5010.JPG

5011.JPG
この場所を地図で見る(GoogleMapで開く)

ノボテル・ホテルの地下1階。
雰囲気はシャンデリアもいいし、超ゴージャス。素敵っす。
スロットは24時間営業。60スロット。
テーブルゲームは15時過ぎ~7時まで。金・土曜は24時間営業。13台。

ルクセンブルグ

1人当たりのGDP(国内総生産)が世界トップの国。
でも、すっげぇー小国。

トイレ使用料が世界一高い。
小便するのに安くて160円かかったボッタクリ大国でもあり。
貧乏人代表として、立ちションしてやったわ♪

膀胱炎になるから、健康にも良くない国。
金あっても、みながギブ&テイクな心ない、寂しい国。

首都のど真ん中にある【カジノ・ルクセンブルグ】
この場所を地図で見る(GoogleMapで開く)

これ!なんと!現代アートな美術館なんす。。。

唯一知ってるカジノは【カジノ2000】
国の中心から南東へ20キロ離れた、フランスとの国境沿いの町へ。
(って、中心から車で20分で国境な小さい国っす)
この場所を地図で見る(GoogleMapで開く)

町名「モンドルフ・レ・バアインズ」。
公共の交通手段が調べる限りなし。ホームページにも記載なし。
つまり、おそらくタクシーかレンタカーで行くしかない。
ヨーロッパでも物価が一番高い国のひとつ。
トイレですら、160円でっせ!
タクシーがいくらかかるか、行く気&調べる気ゼロっす。

ネットで検索すると。。。
スロット270台。テーブルゲームが8台。
オープン19時~。日曜は16時~
ブラックジャックとルーレットが5ユーロ~。


今すぐカジノができます!

本場カジノからの生中継で勝負ができます。
「現金を賭ける興奮」と「勝利金を受け取る喜び」は、まさにカジノそのものです。

ライブディーラー

▼パソコンでもスマホでも!▼
オンラインカジノの遊び方≫

▲ページの上部へ