ボスニア・ヘルツェゴヴィナ国 カジノ体験記

2012年08月16日のぶき

戦争を感じ学べるサラエボへ

冬季オリンピックも開催された首都サラエボ。
1992年から3年半も紛争があり、隣人を殺し合う最悪な展開に。
4901.JPG
この場所を地図で見る(GoogleMapで開く)

4902.JPG

スナイパー通り。
マジに世界一怖ろしかった通り。
動くものすべて、セルビア人からの標的となった。。。
4903.JPG
この場所を地図で見る(GoogleMapで開く)

4904.JPG

4905.JPG

無数に拡がるお墓。1万人以上がここサラエボで犠牲になった。。。
4906.JPG
この場所を地図で見る(GoogleMapで開く)

4907.JPG

2006年に来たとき【笑顔を感じれない】首都だった。
そして今きてもまだ笑顔を見かけない。

殺し合いは笑顔を遠いところへ葬ってしまうみたい。
紛争後に生まれた方が笑顔を復興させてくこと、強く願う。

いちおー・・・
街の紹介も。。。復興してて、素敵なオープンカフェもあり
4908.JPG

旧市街で食べれるチェヴァプチチ。マジまいうー
4909.JPG
この場所を地図で見る(GoogleMapで開く)

まったくカジノって気分でもないけど、、、とりあえず行ってみた。
コロッセム・クラブ
4910.JPG
この場所を地図で見る(GoogleMapで開く)

スナイパー通りの東側で川を渡ったすぐ。旧スケートリンクのとこ。

24時間営業。スロット80台。賭け金は、0.01ユーロ~500ユーロ
4911.JPG

テーブルゲームは14時~5時まで
4912.JPG

テーブル9台。ブラックジャック3台で2ユーロ~
ルーレット2台で1ユーロ~。ルーレットのマシーンが3台。
ポーカー系テーブルゲーム2台。ポーカー2台。
内部はドーナツ状になってて、内容よりは広く感じる。
雰囲気は暗めの照明で、悪くなし。

ってか、このレポートを作るため、写真を見てるだけでも、気がMAX重くなる。
ならば、現地の方々の傷は拭いきれない。。。
それでもサラエボに笑顔を。切に願う。
4913.JPG


今すぐカジノができます!

本場カジノからの生中継で勝負ができます。
「現金を賭ける興奮」と「勝利金を受け取る喜び」は、まさにカジノそのものです。

ライブディーラー

▼パソコンでもスマホでも!▼
オンラインカジノの遊び方≫

▲ページの上部へ