卓にかじりつき!! at Las Vegas VENETIAN 【後編】

2015年02月21日りゅうじ

fucking

これも、australia とLas Vegas または、世代間で、ニュアンスが違う。
australia では、特に若い人は、二言目にはfucking と言う。
そして、誰も叱らない。
日本語で言えば、「超~」とか「超~カッコイイ」みたいな意味らしい。
決して、sex の意味合いはない。
がしかし、Las Vegas では、怒られる。
丁度、卓にジモティーの20代半ば位のねえちゃんが座った。
敗けても勝ってもfucking の連呼だ!
Dは、中華系のおばさんD。
マジ顔で、叱っていた。
でも。そのねえちゃんは、結局、言い続けた。「fucking !」プッ)

今回初めて、italian restaurant「 LAVO 」に行った。
sea food の前菜、salad 、soup、spaghetti 、steak、dessert などを頼む。
店内には、いい感じの音楽が流れている。
メロウな感じだ。
早すぎず、遅すぎない。
でいて、beatが効いている。
私は、このテンポの曲が好きだ。

今月で、54歳のおっさんは、ジョントラボルタ世代だ。
初めて行ったdiscoは、新宿歌舞伎町の「tomorrow USA」、
そして「black sheep 」には何回行ったかわからない。
六本木のdisco も行きまくった。
勿論、「ジュリアナ東京」「ヴェルファーレ」にもよく行った。
ジュリアナ東京の最終日は、入るのに超超長蛇の列。
金曜日、土曜日の「HAKKASAN」も「TAO」も「HAZE(ハゼではない。ヘイズ)」も
比ではない。
ハコから田町の駅までだった。
そんな列に並ぶなんてghetto !
列を連れとブッチギリ、ハコの入り口へ。
「倉田Pが、VIP room で、おれっちの事を待っている。
早く開けろ!」
倉田Pは、あの折口の防衛大の先輩。
折口も倉田Pの、前では頭ペコペコである。
倉田Pは、ジュリアナ東京の真のオーナー山崎会長の部下である。

倉田Pは、やっぱりVIP room にいた。
「よう~、進藤さん。どうぞ座ってくださいよ。」
既に酔っている。もう、ご機嫌だ。
勿論、約束なんてしていた訳ではない。
でも、やっぱりいた!

隣には、avexの依田会長が座っていた。
「ジュリアナ東京の次のdisco に期待するもの」
と言う企画書を手交した。
がしかし、依田会長も酔っていて、会話にならない。撃沈)

余談だか、ジュリアナ東京のお立ち台で、踊っていたおねぇちゃんは、
当初、全員、派遣だった。
容姿端麗な訳だ。
全て折口の個人会社を通して、派遣させる。
つまり、折口に銭が落ちるのである。
すいていたので、おれっちもお立ち台で結構、踊っていた。
(後に男性禁止になる)

ところが、意外な事が起こった。
一般ピーポーのおねぇちゃんのheartに火を付けたのである。
「何よ!私の方がイケてるわよ!!」
どんどんとお立ち台で、踊りたいおねぇちゃんが増えた。
入場者数が増える。
「どきなさいよ!」
イケてないおねぇちゃんは、イケてるおねぇちゃんにセンターを
譲らなければならない。
後に戦友となる「じゅんちゃん」は、いつもセンターで、踊っていたそうだ。
更に、メディアが、お立ち台の様子を報じる。
すると今度は、お立ち台で踊っているボディコンミニスカの
おねぇちゃんの、パンチラを見たくてDECK HEAD が、
やたらと来るようになった。
そうなると、disco の、中は、もうぐちゃぐちゃcrazyである。
当然、disco 側は、ウハウハだ。

2015121521.png 2015121522.png

じゅんちゃん
2015121523.png 2015121520.png

派遣は、儲かる。
折口は、体験してしまった。
そして、派遣の会社グッドウイル、コムスンを立ち上げる。
がしかし、介護で失敗こく。
やはり「おねぇちゃんで、抜けても、老人では、抜けないのである。」
お分かり頂けるだろうか意味を。

ジュリアナ東京には、特に思いが深い。
だいたい、週に1度か2度だった。
行かない日が、である。
基本的には毎日、行っていた。

それは、仕事だから。
もっとも、社内でdisco に毎日行くことを仕事と理解してくれたのは、
直属の上司たった一人であったが・・・。涙)


話がそれてしまった。
一緒に食事をした友人の女性も「踊りたくなっちゃうね」
とお気に入りのようだ。

お勧めです。「LAVO」


一番のお気に入りと言うとitalian restaurant 「CANALETTO」
2階のST.MARK'S SQUARE の一番手前、一番川に近い所にある。
料理も旨いが、ロケーションが好きだ。

ここは、hotelの2階なのに川が流れている。
しかも、2階の天井の上は、プールである!
ひぇー、あり得ない造り。
しかも、敷き詰められたタイルは、本場、ベネチアから
職人を呼んで造らせたそうだ。
お見それいたしやした本物思考!
ご立派である。
歩くとflatではない、タイルの凹凸を足の裏が感じ取り心地好い。

そして、ST.MARK'S SQUAREで行われる生演奏が、実に素晴らしい。
演奏が始まると、restaurantから多くの人が出てきて、
stageの近くに座る。
勿論、tip をstageに置いてからだ。
中華系のおばさんは、結構、tip を払っていた。
一般的に中華系は、tipを、払わない輩が多いが、
たまには、こう言う気前のいい人もいるんだな。と観察。

生演奏
2015121524.png



V BAR

私は、上記のように踊るまたは、その手の曲が好きだ。
でも、TAOの長蛇の列に並ぶ若さはないし、
ナンパseatに$3,000払うなら、baccarat でPに$3,000張りたい。
そんな人にお勧めなのが、「V BAR 」だ。
場所は、YARDBIRD のはす向かい、なんちゃら劇場の真向かいである。
激しい音楽が漏れ聞こえるので直ぐにわかる。
安い。
入場者料は、ない。
beerを、頼むとnutsも、付いてくる。
しかも、room charge OK だ。

お勧めです。

2015121525.png



セコイ話

SUSHISAMBAで、食事をするとわかる。
ここは、日本食とブラジル料理の店。
とんでもない組合せのようにみえるが、
全く問題はない。人気店である。
鮨のしゃりは、MGMの、SHIBUYAより、しっかりと握られている。旨い。
PALAZZO の2階にある。

セコイ人には、うれしい裏話し。
私には、ぴったりだ。

実は、この店は、料理とtipを分けずに部屋付けとなる。
普通は、料理とtip は、分けて部屋付けとなる。
ここで、重要なのは、料理は、compの対象だが、
tip は、comp の対象外だと言う事だ。
tip 代は、credit card または、cash を使って身銭で払わなければならない。
しかし、tip 代込みで、部屋付けになれば、全てcompで処理されてしまう。
つまり、tip もcomp された事になる。
仮に2人で行き@$100の食事で、@$20のtip をして5回食事をすると
$20 x 2人 x 5回 = $200
つまり、これがタダになる。
牛めしなら約80杯分が浮いた勘定である。
平日の昼食に二人で食べたとしても、
2ヵ月分が、タダだ。プッ)
何時までこのsystemのままかわかりませんので、
関心のある方は、早めにtryしてみてください。

2015121526.png



中国旧正月飾り

今年もVP間通路のP寄りにデカい飾り物があった。
毎年、干支の動物が飾られているようだ。
今年は、羊年だ。
当然、羊が飾られるハズだ。
がしかし、これが羊に見えない。
Vegas在住の彼女曰く「これは、バッファローよ!」
どうよ?

buffalo ??
2015121527.png



成績

兎に角、卓にかじりついた。
私のexcel 表では、まだ、P12,500に足りない。
でも、取り敢えず、実質、3日終わった所で、AV bet、play時間、Pを
聞いてみた。

パンパカパーン!
やりますた。
P12,500達成です。
勿論、play 時間は、これでもかと言うぐらい足りています。
3日で25:00。1日AV8:20です。
これは、play 時間として認められた時間ですから、
free hand も沢山あるので、実際に卓にかじりついていたのは、
1日AV10時間ぐらいでしょう。
更に言うなら、シャッフル中にトイレに立ちます。
その時間を加えたら「salon 」にいた時間は、
1日AV11時間位でしょう。
う~ん、完全な病気です。爆)

じゃ、もう止めるか?
そんな訳がないでしょう!
病気なんですから。

今の、勝ちは、更なる勝ちへの途中に過ぎないのだ。
東京大学法学部を、ご卒業されたティシュ王子井川氏も
そう言っているのである。
その他私立大学法学部卒の私が、止められる訳がない!
その時のプラスは、$14,200

結局、あと1日打ってしまう。
baccaratの神様は微笑むのか?!
いや、微笑んで欲しい。

がしかし、この後は、お約束のじり貧。
どんどん熔ける。
ダメだ。
このshoe で、$7,000敗けている。
僅かなプラスも、ゼロに近づいてきた。
あとプラス$4,200の所で長考。
次のhandは、打つか、打たないか。
打つなら、いくら打つか。

長考の末出た結論は、こうだ。
Pに$3,000betする。
勝ったら、置きっぱでPに$6,000bet する。
これに勝てば、プラス$9,000だ。
この日の敗けをほとんど取り替えせる。

このtripのlast hand かも知れない。
そう言う時のcallは、決めていた。
player のPとLの間にbetする。
$3,000だが、$100chip と$500chipで高さを
作ってぶちつける。
「PL学園S村飛出昭!!」

あまり有名人ではないが、
甲子園にregularで出場して、
ヤクルトスワローズに入団した。

$3,000では、bet honor にはなれない。
ただ、勝ちを祈るだけ。
honor は、中華系。
ニコイチみたいな罫線。全員Pだ。

PBそれぞれ2枚開いたとこで、
P2対B6。
P honor が、3枚目をsqueeze している。
何やらガッツsignを出した。
つまり、サンピンらしい。
8以外素晴らしい!

喜んでいる。大いに喜んでいる。
ケツから見て、抜けたのだ。
もう、あがりは、8か9だ。
ちょっとガクッとした。
頭も抜けたな。
card は、6だ。
でも、充分である。
あがりは、8じゃん。
決まった。
P8対B6
Pサイド皆、大喜び。

がしかし、dealer がshoe からサクッとcard を出す。
そう、Bの6条件だった。
開いたcard はなんと


え~


ありえない


まさかの



クラブの「3」!

しかもBの6は、3と3である。
3+3+3=9
俗に言う「ドリーム9」の完成である。
これは、滅多に出ない決まり手だ。
ルール上Pには、絶対に起こらない。
「ドリーム9が出たら100万円」
こんな張り紙を見たこともある。
私は、baccarat を20数年やらかしているが、
このドリーム9を見たのは、僅か4回である。
(もっとも、毎日、baccarat をしている訳ではないが・・・。)

Pの8は、Bの9にめくられた。
big bettor の和田さんなら、
「八丈島のキョン!」と言う所だ。
(このフレーズは、漫画「こまわりくん」に出てくる。
八より上が出てキョンとしたと掛けているのだろう。)
がしかし、相手が、ドリーム9となれば、
「鉄板」大暴れだろう!

ドリーム 9
2015121528.png


このcooで撃沈したので、皆、卓を離れた。
私の勝って、倍bet の計画もパースケだ。
現在のプラスは、僅か$1,200。
settlement まで、あと10分弱。

迷った。
last one hand $6,200は、どうか?
敗けてもマイナス$5,000
airfare で、$4,000貰えるので、
実質、マイナス$1,000だ。
「落ち目賭人の勝負手は、まず外れる」。
そんな言葉も思い出した。

長考の末、卓から離れた。
$1,200
俗に言う「うれし恥ずかしのチョビ勝ち」
である。

帰国して、big bettor の美香ちゃんとsands のC支社長に
結果を報告した。

美香ちゃんとは、「baccarat は、 麻薬である。」とよく言う事でも有名。
チェジュ島のbaccarat tournamentで、2週連続優勝した事もあるねえちゃんだ。
曰く「OK! 敗けなければいい。そして、勝ちぐせに繋げる事。」

sands C支社長「おめでとうございます。連してください。
またの戦いをお待ちしております。」

そうだ、よくあそこで卓を離れた。
美香ちゃんの言う通り、
このところ連敗である。
$1,200のうがりでもいい、連敗を止めた。
sands のC支社長も、言っている。
これから連勝すればいい。
幸運と不幸は、規則正しく交互には起こらない。
不幸の次に来るものは、更なる不幸である。
そして、幸運の次に来るものは、更なる幸運なのだ。
森永製菓の創業者であるアッキーのお爺さんも同じような事を言っていた。
日経新聞のコラムで読んだ。

airfare $4,000もあるので、今、cash が$5,200増えた感覚である。
やはり丼勘定のairfare はありがたい。


成績
AV bet →$724
play 時間→27:23
point →14,271

今年も倒れるまで頑張ります!

長文にお付き合い頂きありがとうございました。


  1. 前編
  2. 中編
  3. 後編

今すぐカジノができます!

本場カジノからの生中継で勝負ができます。
「現金を賭ける興奮」と「勝利金を受け取る喜び」は、まさにカジノそのものです。

ライブディーラー

▼パソコンでもスマホでも!▼
オンラインカジノの遊び方≫

▲ページの上部へ