優勝は、約4,500万円の現金!!baccarat tournament at MBS 【後編】

2015年06月13日りゅうじ

大会参加者は、480人。
私が、今までに参加した最大の大会は、250人だ。
予選は、1日あたり160人で上位13名抜け。
3日間ありどこにでてもいい。
セミ ファイナルは、敗者からの抽選復活2名等を含めて48人
各テーブルの上位2名抜け
ファイナルは、big bacで12名。

予選の持ちコマは、1 million 。
張りのmaxも1 million 。
10hand
card は、絞りません。
big baccarat でface up で進行するgameを卓にあるでかいモニターを見ながらbetします。
例えて言うなら、インカジに似ています。
フリーハンドもシークレットベットもありません。
4hand 目からbetです。
1betは、2分以内に決めなくてはいけません。

6/4,6/5の予選通過ラインを見ると
だいたい3 million ぐらいだった。
となると、1~7hand は、min
8hand 500,000
9,10hand max 1,000,000で3連勝したら予選通過かもしれない。
そんなimageでいざ予選へ。

始まった。
BB
P
BB
PPP

ここで我慢できなくなり、Pに500,000 bet。
戦闘開始である。
結果は、なんなくPの勝ち。

BB
P
BB
PPPP
となった。
3目めのPから数えて、私の好きな「1・2・4」です。
Pが、ぐっと、伸びるかもしれない。
ここで、Pにmax bet 1 million !

がしかし、結果は、B5:P4で
Bの勝ち。
痛い。

BB
P
BB
PPPP
B
P

直前のPを大方の予想に反して
当てた私は、次の9hand 目に
max 1 million でall in 。

これをなんとBにbet!

「お化けと相場は、寒い方に出る。」
私は、baccarat にもこの格言は生きていると信じている。

がしかし、結果は、
B6:P9の目通り。しょぼ~ん。
死亡!
残念!!
お土産のポロシャツを頂きました。

2016011004.png



でも、まあ、楽しめました。
1 million を2回張りましたから。
実際には、そんな金額を張った事はないですし。

日本人は、セミ ファイナルまで3人残ったそうです。
優勝は、シンガポール人だそうです。

これは、面白いです。
機会があれば、是非、また、参加したいです。


本戦は、ひとっぱり。
プチ「一撃離散」だ。
最初からそう決めていた。
この日程では、rolling over を貯めるにはキツい。
今回は、正月に比べて部屋のランクを落としている。
airもYだ。
掛かる経費は、知れている。
今回は、compの呪縛とは、決別だ。

ならば、いくら打つかだ。
正月は、ひとっぱりのつもりで張ったSGD6,000が、
ハズレ。
あとは、ずるずると敗け「骨折」まで。
痛い思いをした。
だからSGD6,000は、ダメだ。

SGD5,000
これもダメだ。
勝った時にJPY500,000を割ってしまう。
面白くない。
勝った気になれない。

じゃ、しこたま張るか。
いやいや、来月のLas Vegas が既に決まっている。
4月のjupiters
5月のMANDALAY BAY
と成績がよろしくない。
更に敗けるわけには、いかない。

SGD7,000
これをひとっぱりだ。
いつものP張りだ。
勝ったら、絶対にgame stopとした。
そして、japanese marketing にクルマを出して貰って、
ゲイラン通りでご挨拶だ。
(MBSでは、deposit SGD100,000をすると特典として、1日1往復、クルマを無料で出してくれる。)
もし、敗けたら、たぶん止めるみたいな、
強い意志。lol

Pのrunを待つ。

P
B
PPTPP
BBBBB
P
B
PPP
B
PPP
B
PP
B
PPP
BBB
PP
B
PPPP

私の経験からすると中国人は、
目が揃うと必ず切りにくる。若しくは、free handだ。
この「絵」で言えば、3目となる。
前のhandで、Bに張った中国人は、全滅である。
次のhandには、まるで元気がない。

よく見るとPの2列目が、伸びている。
tieがある。
数えるかどうかだ。
数えるなら、このPは5目まで行ったことになる。
数えないなら、このPは4目止まりとなる。

私は、断じて数える派である。
そうしないと「絵」が、平べったくなりすぎる。
となるとこのPは、伸びる。
5目以上行くだろうとなる。
「baccarat は、近い目を引く。」
これは、私にbaccarat をしこたま教えてくれた
正木社長の場数から絞り出された名言である。
「ぎりセーフ!」
正木社長の名言にも、反していないと確信した。
つまり、Pの2列目と9列目は、「遠くはない。」
と判断したのだ。
復元抽出であるgameとわかっていても、
こじつけも大事。

PにSGD7,000 bet

なんとcard がきた。
ここPAIZA は、レベルが高い。
そう簡単には、card はこない。
しかし、前のhandで全滅した中国チームは、
張りが薄かった。

いつもの様に先にBを開けさせる。
7+5=2
「no pressure thank you !」
1枚目をパチンと音を鳴らして、
開いて投げる。
10だ。
2枚目をまったりとsqueeze
俗に言う「しょんべん足」だった。
4だ。

Bの3枚目を先に開けさせる。
楽になりたい!

出たのは、10。
Bは、7+5+10=2

これは、有り難い。
3 side 以外何でもいい。
「モンキー!」
と言ってPの3枚目のcard を自分のboxと隣のboxの境の
線の所に這わせる。
boxの境の線とピクの線のクロスが、見たいのだ。
card の左下隅を少し折り、右手親指でゆっくりと下の方へ隠したcardの部分をsqueeze。
線が出たらピクだ。


出た!
ピクの黒い線だ。
boxの境の線は、白。
この白と黒の線のクロスが見たかったのだ。
このクロスを繋いでいるのは、ピクにだけに許された多彩な絵だ。
実に美しいと思う。
そして叫ぶ。

「お愛想!」
B2:P4で勝った。
4でも勝ちは、勝ちだ。
高額ではないけれど、うれぴー。
本当にひとっぱりで止めた。
今、売り出し中のプロギャンブラーでベッティングのソフトを販売している
M氏の言葉では、これは、勝ったとは言わない。
単に「当たった」となる。
結構でしょう、「勝った」ではなくて「当たった」でも。
間違いなくcashは増えている。
ひとサイズ大きなSGD1,000も財布に入っている。
SGD7,000は、吉牛なら一日3回食べて18ヶ月も食える計算だ。
ザギンのクラブにも行けちゃう。
もと鳩グループのクラブHなら「仕切り」でやってくれて、
30回ぐらい行けちゃう計算だ。
そのクラブを紹介してくれたO社長もクラブのU総支配人も
Kママもみんなbaccarat好きだ。
ただし、クラブHは、熟女クラブだ。
まあ、私のようなおっさんには、何の問題もないが。lol


さて、来月は、Las Vegas
9月は、jupiters
11月は、MONACO
既にここまでは、air発券済みです。

行きますよ~。
倒れるまで!

ではまた。

MBS ショッピング街
2016011005.png


pool
2016011006.png


  1. 前編
  2. 後編

今すぐカジノができます!

本場カジノからの生中継で勝負ができます。
「現金を賭ける興奮」と「勝利金を受け取る喜び」は、まさにカジノそのものです。

ライブディーラー

▼パソコンでもスマホでも!▼
オンラインカジノの遊び方≫

▲ページの上部へ