第3部 限りなく勝利に近づくために(後編)

2015年07月17日のぶき

banner_section3_b.gif

プロギャンブラーからのおすすめの賭け方

ルーレットのアウトサイドを狙え!

第1部でもお伝えしたように、できるだけ約1/2で勝てるルーレットの赤・黒などを狙っていこう。

さらに僕の現在のおすすめは、前回と同じ色に賭ける賭け方。ルーレットで赤がきたら赤に、黒がきたら黒に賭ける。特に色の出目が変わったときなんかはアツい!

roulette_bet.gif
赤・黒・奇数・偶数は約1/2、それ以外のアウトサイドは約1/3

どうしても1/3の確率のところがくると感じるならそのフィーリングを大切に。ただ1/3の波は1/2の確率でくる赤・黒などに比べると2.2倍の倍率だと僕は考えている。ずーーーっと来ないこともよくある話。

賭けた後は次の動きを考えておこう

『今回の賭けが当たったら、次はここへこれくらい賭けよう』
『今回の賭けが外れたら、次はここへこれくらい賭けよう』
『ここへ入ったら、次はここが狙い目かも』
『ここへ入らなかったら、次はここが狙い目かも』

当たり外れが決まってから考え出すのでは、時間が短すぎてインスピレーションが出ない。

3つのやめどき

ギャンブルには波がある。僕は基本的に勝ち波が来たあとに辞めていた。僕が採用していたやめどきは以下の3つ。

① 勝負を始めてすぐに勝ったとき

② 負けているのをほぼ取り返したとき

③ 負けた分を少し取り返せて、小負けまで取り戻せたとき

これが僕の3つのやめどき。①~③の勝ち負けを逆に変換してもあり。

今日という日を勝ちにいこう。

一晩で32万円を勝ちとったプレー方法

僕が卒業旅行でカジノに行ったときのこと。

ブラックジャックテーブルの後ろから勝負をずっと見学し、負けまくったお客が抜けたところへすかさず入る。勝つまで倍賭けをして、勝ったら抜けていく。これで32万円を勝ちとった。

一晩で80万円を勝ちとったプレー方法

勝負したゲームはブラックジャックのみ。

ディーラー側のカードの引きがよく、バースト(カードの合計が22以上になること)もしないことが続き、なおかつこちらは引きが悪い。こういった状況が続いたとき、一気に大勝負を賭ける。それまで500円に設定していた賭け金を1万円にあげる。負けたら賭け金を2.5倍にして、それを勝つまで続ける。ちなみに賭け金500円でスタートし、20万円まで行ったこともある。

なので、軍資金が多めに必要だし、リスクもある。勝っているお金が20万円以上あったからできた荒業。

最後にNOBUKIからのメッセージ

現在「ギャンブラー」と検索すれば、上位独占させてもらっている僕が、必死こいて考えまくった『ビギナー用カジノの勝ち方』。勝ちなど保証できないけど、プロが本気で考えまくった戦術なのは保証できる。この考え方を参考に自分なりにアレンジして、自分の勝ちパターンを作ってもらえれば嬉しい。まったく採り入れなくてもいいし、すべてこのままでもいい。要は旅先でカジノを見かけ、勝負魂に火が点いたとき、自分の勝ちパターンを模索できるきっかけになれたら、幸いすぎる。

  1. 第1部 勝利に備えよう
  2. 第2部 勝利の方程式
  3. 第3部 限りなく勝利に近づくために(前編)
  4. 第3部 限りなく勝利に近づくために(後編)

今すぐカジノができます!

本場カジノからの生中継で勝負ができます。
「現金を賭ける興奮」と「勝利金を受け取る喜び」は、まさにカジノそのものです。

ライブディーラー

▼パソコンでもスマホでも!▼
オンラインカジノの遊び方≫


▲ページの上部へ