全てが美術館:MONACO へgo!【中編】

2015年12月31日りゅうじ

※この日記には「アダルトコンテンツ」が含まれています。注意してご覧ください。

LE CASINO MONTE CARLO

どうにかMONACOに到着。

最初の4泊は、フェアモント・モンテカルロ。
3泊は、前だしcompで、タダだ。
聞くと嬉しい事に朝食付きだ。

いいじゃん、SBM。

朝食受付女性と
2015123108.png

追加の1泊は、¢379。
朝食は、+¢38。
結構、朝食が高い。

この朝食は、バイキングなので、他のレストランで
単品で食べる事にした。

check inをすませるとそそくさにLE CASINO MONTE CARLOに突撃!

ところが、あれこれとうるさい。

まず、手荷物。

確かに持ち込み不可のcasinoはあるが、
おれっちの鞄には結構大事なbaccarat グッズが入っている。

my 罫線台、昔付き合っていたおねえちゃんの写真3枚、
目薬、リップクリーム、メンソレータム++。

それを鞄から出して、更に、パスポート、財布を持つと
手だけでは持てない!

「だから、ムリだといっただろ!」

多少イラつきそう言う。

そしたら、OK!

これにて、手荷物持ち込み禁止突破。

入場料¢10。

結構、高いな~。

player cardを作る。

場所は、casino内のS.F.E.と言う所。

この場所が、わかりずらい。

baccarat cornerの右奥。

入り口から数えると5つ目の部屋の右奥となる。

天井が、とにかく高い。

casino 室内
2015123104.png

天井
2015123118.png

 

15m、20mぐらいありそうだ。
天井のステンドグラスもきれいだ。
1889と年号が描かれている。

壁画にも重厚感を感じる。

casino内、全てが美術館といった感じだ。
台の構成は、ルーレット11台、BJ9台、baccarat 6台、
よくわからないtable game 3台。

player card は、通称black card と呼ばれる。

black card
2015123110.png

これを作ると入場料が、明日、以降タダになる。
更に、今日払った入場料も返してくれるとの事。

いいじゃん、black card。

※shoeは、Beeだった。
(cardを入れる斜めの箱)

日本製angel eyeではなくて、少し残念。

cardは、初めて見たFournier(フルニエ)社製、made in Spainと
スペードのエースに書いてある。

chipは、ビスケットとツルツルすべる俗に言うおせんべいchipだ。
おれっちは、このおせんべいchipは、好きではない。
ツルツルすべるから高く積めない、バシッ・ドンと音をたててbig betが打てない。

squeezeが、ないのでgameは、早い。

初日は、70hand打ったのに、play時間は、28分と言われてしまった。

マジかよ?!

one hand 平均24秒決まりとなる。
これでは、compのpointは、貯まらない。

同じturn overを打つのなら、他のcasinoで打った方が、
断然、得となる。

ざっくり言えば、Las Vegasの4割り程度しかcompは、付かない。

compに厳しいplayer、compにうるさいplayerは、ここMONACOは、避けた方がいいだろう。

casino外観
20151121_125120_0.jpg

 

restaurant LE TRAIN BLUE

casino内restaurant

MONACOの伝統を感じるF1 classic carの模型。
見事に似合っている。
がしかし、フィレステーキは、旨くはない。

店内
2015123106.png

F1模型
2015123107.png

 

どうして同じ数字なんだよ!

成績、compの把握が、まるでポンコツである。

その日の成績、compは、翌日の7:00にならないとplayer cardに
記録されない。

つまり、それまで、compも増えない事になる。
尚且つ、average bet,time of game,comp point(ここでは、creditという)
を聞いても、まともな答えが返ってこない。

見てもらいたい。

回答
2015123109.png

右が、11月22日PM4:00に聞いた数字。

左が、11月23日PM3:30に聞いた数字。

何とaverage bet,time of gameに全く前日と同じものを書いてきた。

playしてんだから、time of gameが、全然、増えていないなんてあり得ないだろが!
と突っ込むと上から数字を直した。

で、ちょっとあーだ、こーだ言ったら、

退場扱い。

何だこれ!ムカつく!

おれっちは、何も悪い事は、していない。
ただ、権利として、数字を確認しただけだ。
たかがそれに、対応出来ないシステム&ポンコツmanagerが、悪いに決まっている。

言ってしまえば、所詮ここは、天井のステンドグラスと壁画を楽しむ所である。

gameの条件は、ハッキリ言って悪い。

gameをする所ではない。

そもそも、天井なんて、大きなbetが、ハズレた時に見るぐらいしかない。

イラッときた時は、注意した方がいい。

大概、敗けが込む。


次回は、全てが美術館:MONACO へgo!【後編】です!


  1. 前編
  2. 中編
  3. 後編

今すぐカジノができます!

本場カジノからの生中継で勝負ができます。
「現金を賭ける興奮」と「勝利金を受け取る喜び」は、まさにカジノそのものです。

ライブディーラー

▼パソコンでもスマホでも!▼
オンラインカジノの遊び方≫

▲ページの上部へ