WORLD CASINO

世界のカジノ

世界のカジノ旅行記と
自宅で遊べるオンラインカジノ情報

no.5 夜とカジノの技術ミーティング【 中編 】

龍次バビロン ~オレっちのドスケベ奮闘記~ 毎週木曜日更新!!

※この記事には「アダルトコンテンツ」が含まれています。注意してご覧ください。

No.1

じゅんちゃんとの出会い

No.2

夜とカジノの技術ミーティング

No.3

あのじゅんちゃんが…

No.4

祝勝会!

No.5

バカラは終盤にツラが出る

No.6

神様が与えてくれたご褒美

No.7( 6/12 NEW! )

あの扉の向こうは…

センゾクって何?

2018y03m08d_151500759.jpg

そんなにつらい思いをして働いても、じゅんちゃんの日の稼ぎは
10万円(実額)にはならない。

10万円にするには、1曰に5人の客とS○Xしなければならない。
しかし、たとえ自分がその気で覚悟が出来ていても、一日に5本、
客の方が付く事が、むずかしい。
Y原も今は、ヒマ。
世の男性の遊びに使えるカネの額が減っている。
すると自然とフリーで入ってくる客が減ってくる。
結果として、1日につく本数が減る。
稼ぎたくても、そんなに稼げない。

じゅんちゃんの指名はそんなに多くない。
客の好き嫌いが分れるタイプ。
来る客は、7日連続で来たりする。
だが、指名は、月に10本あるかどうか程度。
ほとんどがフリー。
でもフリーでの人気は高い。
「私の写真を出して、決まらなかった事はない。」
と本人が豪語する。
月の平均でいうと100万円(実額)がちょっとキツいという感じらしい。

それからすると、今曰のバカラの勝ちは素晴らしい。
あのなかなか超えない1,000ドル(約10万円)を超えている。

何んとじゅんちゃんは、ここで驚きの決断をする。

 「私を身請けして。でなければ、専属にして!」

私にしてみれば、ただただ、もうビックリ。
大体、その言葉自体、何を言っているのかわからない。
でも、これはヤバイ展開だとすぐに気づいた。
もうやっちゃっているし。
本当にどうしようと言う感じ。
コワイお兄さんとかが、出てきちゃうんでしょうか??

 「それは、どうしても無理です。そんなにおカネは、ありません。
大体、私は、単なるサラリーマンなんです。」

実は、じゅんちゃんは、その時にケガをしていた。
部屋に入って二人は、バスタオルを捜した。
が、どうしても見つからない。
色々なところを開けてみた。
と、その時、大きな扉がはずれてじゅんちゃんの左指の上に落ちた。
細いじゅんちゃんの指が、曲がったように見えた。
折れているのだろうか。
ツイテいない。
せっかく、今からやろうと言うとこなのに。
というか、世の中、そんなにうまくいくわけがないと思った。
店員は、呼ぶし、アイシングして大変。
でも、やることはやっちゃった後なんですよ。
いわば満身創痍の状態で、やらせることは、やらせてあげてから、
条件を出してきたわけです。

考えた末に出した提案がこれでした。

 「一緒にバカラを打ちませんか。
これなら、出来そうな気がします。
勝ちましょうよ。二人で。
今日のように。」

いっぱい、いっぱいの返答でした。

「それでもいい。私も、もうー度闘いたいし。」
しばらく考えたあと、じゅんちゃんは、続けた。
「明日から、店は休むわ。」
「とりあえず、生休ね。」
「よさげなら、今月はピル抜きにするわ。
 まず、一カ月勝負してみたいの。」

オレは、固まっていた。
生休(セイキュウ)とは、生理休暇の事で約一週間。
ピル抜きとは、避妊用ピルを飲んでいる子が取れる休暇で通常1ヵ月。
ホルモンのバランスを崩すので、1年のうち1ヵ月はピルを飲まずに
仕事を休む。

そんなオレを察したのか、じゅんちゃんは、こう言った。
「大丈夫だよ。ダメなら、また店にもどるからさ。」

私は、バカラ好き。
でも今まで、一人で打っていた。
お嬢とー緒に打っているヤツを見ると
いつも、うらやましかった。心底、本当にだ。
ところが、ひょんな事で、お嬢と一緒に打つことになった。
それも、かなりイケてるじゅんちゃんとだ。
なんだか、チンケなサラリ一マンに、小さな勇気が涌いてきた。

 

麗華さん登場

とりあえず、シャワーを浴びる事にした。
じゅんちゃんが先に浴びた。
次にオレが浴びた。

さあ、2回めでもやろうかなと思いながら、浴室から出て来た。
ありゃりゃ。
じゅんちゃんは、もう着替えていた。

なーんだ。2回めやらないんだ。
店では、いつも2回やっていたのに!
と少々フテた。

で、じゅんちゃんは、こう言った。
「次、行こうよ。」
「えっ!まだ行くの?」

結局、4軒めに行く事になった。
もう私は、気がないためダラダラ打ち。
じゅんちゃんも上がりもせず下がりもせず。
つまりのところ盛り上がっていない。
もうー発やっているし、本当に疲れてきてるし。
どうでも良かった。

そこへ、じゅんちゃんからこのひと言だ。
「ねぇ、お友達呼んでもいい?」

「えっ?!」私は、ほとんどチカラなし。
「大丈夫、女の子だから。」
「私に似て、ハデな子よ。」
「名前は、麗華って言うの。銀座で働いてんのよ。」
「前は良くー緒にバカラしてたんだ。」

「up to u .」 (お前の好きにしろ)
私は、気力なく無低抗。

じゅんちゃんが、電話した。
なんと30分ぐらいで来れるという。
近くまで来たところで、ハウスの場所が分からない。
麗華から電話があった。

結局、ハウスのボーイを迎えに出した。
「どのような感じのお客様ですか。」ボーイ。
「髪がこんなで、とにかくハデな子よ。」じゅんちゃん。
「はぁ。」ボーイ。

そんなので、わかるかよ。
髪のこんなとは、レイヤードだ。カーリーで後ろに流している。
あとハデと言うだけ。

が、早やかった。
すぐにボーイが、麗華をつれて戻って来た。
「ねっ。すぐにわかったでしょ。」じゅんちゃん。
「ハイ!」ボーイ。

そして、何んと、同じ格好!
「やだ~。麗華。また気が合っちゃったね。」
黒の半ケツなホットパンツに黒のブ一ツ。ピッたり系のシャツである。
違いと言えば、そのシャツの柄と髪がストレートかカーリーかと言う事ぐらい。
ボディー的にも似ている。
以前、同じ銀座の店でホステスとして働いていたと言う。
店の名前は、ルイード。結構、忙しかったそうだ。

「うれしいー。バカラ、久しぶりー!」
何んか、少し前にどっかで聞いた気がする。
とにかく、ゲームは続けられた。
ニ人に麗華が加わった。

がしかし、ここからが大変。
なんじゃこりゃ!と言う感じ。

じゅんちゃんとは、外Hもしたためか、その前よりも、
確実に打ち方が似て来ていた。
つまりニ人とも同じくBであったり、Pであったりする。
がしかし、麗華の打ち方は違っていた。
素直じゃない。
ハウスめに張る。そして、プレイヤーのツラ追い。

三人の趣向を整理するとこうなる。
バンヅラ好き :じゅんちゃん。
テンコ好き:私。
プレイヤーヅラ好き:麗華。
そして、
罫線に素直派 :じゅんちゃんと私。
ハウスめ狙い :麗華。
と言う感じ。
当然、3人は、張り方で分かれた。
3人の中で、P、Bそれぞれのオナーを取ってしまったりする。

そして、シューが終ったところで、麗華が、熔けた。
しかし、結果として私とじゅんちゃんは、増えていた。

困った局面である。
じゅんちゃんは、浮いていると言っても貸せる程ではない。
となると結局、私が出す事になった。
10,000ドル(約100万円)。これが私のいっぱい、いっぱいでしょう。

でも、何んでオレが、じゅんちゃんの友人にまで貸さなきゃならないんだよー!
こりゃ、何かヤラれたと正直思った。
さすがに、貸す時には、条件を入れた。
  「これは、麗華に貸したんじゃない。あなたにだ。
返しは、あなたから私に入れてくれ。」とじゅんちゃんに言った。

3人は考えた。
そして、こうした。
次のハウスに行こう。そして3人分のサビチを麗華にあつめる。
その範囲内でビシバシ打つ。
そうすれば、戻るかもしれない。

しかし、素直なめが、次のハウスでも出た。
麗華は、沈みっぱなしである。
どうしよう。とか言っている。
そして、また熔けた。

オレは、じゅんちゃんに聞いてみた。
「どうする?」
「麗華は、やりたいんじゃない。
ねぇ、あなたから聞いてみて。」

オレは、麗華の横に座っていた。
真横で見る麗華の顔は、はじめてだ。
さっきは、じゅんちゃんの奥に座っていたので、いわば正面顔。
麗華も何か話しかけられると思ったのか、ちょっと緊張して前を見たまま。
つまり、私には、横顔のまま。
そのお顔は、正面で見るよりは、ずっとメリハリがある。
ハッキリとしたおうとつのある、掘りの深い顔だ。
奇麗。
じゅんちゃんとは違う奇麗顔だ。
ちょっと見とれてしまった。
そして、その顔は、横顔ながら懇願しているのがわかった。

話し掛けてみた。
「これで貸しは、20,000ドル(約200万円)になりますが、どうしますか?」
「借してください。」麗華。

おバカな私も、さすがに躊躇した。
なので、貸しは現金ではなく、コマであと10,000ドル(約100万円)分出した。
それにしても、ひどすぎやしませんか。
はじめて、お嬢と打ちに来て、何んでそのお嬢でなくて、その友達とやらにまで、
20,000ドル(約200万円)も貸し出さなきゃならないのか。
麗華とやらが来るとは、初めは聞いてないし。全くの初対面でしょ!
やっばり、ヤラれたと思った。

そして、私は、もう帰る事にした。ニ人を残して。
今日は、浮きである。麗華が返してくれれば。
そして、次のディーラーは、S氏だ。
こいつには、ろくな思い出がない。いっつも、変なめばかりだ。
私は、S氏だから、踏ん切れた。帰ると。
でも、S氏だから、麗華に貸し増せた。

つづく

今すぐカジノを楽しもう!

ルーレットで現金勝負中

本場カジノからの生中継で勝負ができます。
「現金を賭ける興奮」と「勝利金を受け取る喜び」は、まさにカジノそのものです。

パソコンでもスマホでも!

オンラインカジノの遊び方

no.16 あの扉の向こうは...

2018/6/12 by  りゅうじ

不屈の精神!【 前編 】

2018/6/5 by  りゅうじ

不屈の精神!【 後編 】

2018/6/5 by  りゅうじ

最期の聖戦?!【 前半 】

2018/5/15 by  りゅうじ

最期の聖戦?!【 後半 】

2018/5/15 by  りゅうじ