WORLD CASINO

世界のカジノ

世界のカジノ旅行記と
自宅で遊べるオンラインカジノ情報

Baccaratの敗けは、baccaratで返す!

タイトルは、「熔ける」の著者が、お務め終了後、TVで、そう発言していたと
知人のbig playerが、教えてくれた。
最初聞いたときは、それは、ムリだと直ぐに思った。
何故なら、敗けを作ったのが、baccaratだから、それでは、返せない。
がしかし、

ある意味カッコいいと思った。
 
僕は、Gold Coastでパンクしてしまった。
それを
どうするのか?
答えは、意外と早かった。
それは、

Baccaratの敗けは、baccaratで返す!
軽い病気だろう。
 
敗軍の将、兵をしこたま語る。
Gold Coastに日本人hostが、居なくなって久しい。
より正確に言えば、週ニサンニチ勤務のパートのhostは、居るが、充分には、回っていない。
特にIPMと言う前だしcompのプログラムは、社内では、日本語対応完璧とappealしているが、実際は、片言程度以下の日本語対応しか出来ないhostが、一人で担当している。
Baccaratは、イライラしながら、playをしては、勝てない。
 
知人とGold Coastのパンクを分析した。
「熱くなってしまった。」
自分のルールを破ってしまった。
初日に1週間分のhandを打ってしまった。
結果、bank rollの9割りを失う。
最悪の勝率。
「ムキになってしまった。」
初心者だ!
Baccaratで、一番やっては、いけない事をやらかした。
ラストは、残り1割りをall in 。
勝てば、置きっぱで、倍々。
3連勝で、8割近くに復活。
のハズが、

いきなり撃沈!
決まり手は、かすりもせず、記憶にない。
 
 
死に体
 
仕方がない、ゴルフにいそしむ。
四日連続ゴルフ。
 
 
平場
 
行った事がない。
Colaは、どうやって頼むんだ?
それすら、わからない。
すると、

こんな物を見つけた。
何だこれは?
 
テキサスホールデムボーナス

 
テキサスホールデムポーカーに似ている事は、直ぐにわかった。
満席。一卓しかありません。
皆さん、延々とやっています。
つまり、

あんまり、敗けない。
そんな感じがした。
ここで、

ライフライン・メッセンジャー
プロギャンブラー・ノブキさんの意見を聴いた。
回答は、

「卓から離れろ!」
でも、離れては、また、近づく。
つまり、やることないから。
今度は、

Las Vegasの知人dealerにLINE発信。
回答は、

「控除率に注意。」
例えば、ボーナスベットは、AAで30倍。
AA が来る確率は、1/30より、遥かに小さい。
つまり、ここに控除率がある。
では、このサイドベットには、張らずに、
フロップ、ターン、リバーだけでdealerと勝負したら、どうなのか?
面白いのは、フロップに賭けると、ターン、リバーに賭けなくても、リバーカードまで、
自分の手札として使えるのだ!
しかも、speedが、適度に早い。
 
「何もしないから。」
そう言って、ラブホに連れ込んで、何もしなかった香具師の話しを
聞いた事がない。

やってしまった!
テキサスホールデムボーナス
やってみて、ルールで、わかったこと。
① All inは、出来ない。
② アンティーベットの額により、フロップ、ターン、リバーのmaxベットが決まる。
③ 配られた手札は、dealerが、いいよと言うまで、見てはいけない。
ぐらいか。
大勝ちは、無いけど、瞬殺も無いような。
感じとしては、長く遊べる。
傾向として、

フロップにベットしないで、フォールドするplayerは、まず、いない。
∵フロップにベットすれば、ターンそして、リバーまで、見れるから。
相当のくそ手でも、まず、降りない。
初参加の結果は、

AUD300の勝ち!
うれしかったですね。
いつか忘れていた$100勝ちの尊さを思い出させてくれた。
 
反省
 
知人との分析で、今回のパンクで最大の敗因は、自分のルールを破ったこと。
まだ、検証中のbaccarat対応策が、ダメだと結論が出たわけではない。
理論派playerのハ◯ちゃんとも意見交換した。
彼は、僕の知人の中で唯一、bankerの勝率を少数点以下一桁まで、
答えたplayerである。
もちろん、その正解を教えてくれたのは、著書もある理論派C svp である。
意見は、ハ◯ちゃんと
完璧に一致した!
やはりbaccaratで、勝つ確率をあげるには、この手しかないのだろう。
鬼の心でルールを守る。
Baccaratの敗けは、baccaratで返す!
 
 
MACAUに突撃!
 
もう、年休消化は、100%だ。
土日だけでは、遠方に行けない。
ターゲットは、

MACAU
やらいでかっ!
ホテルは、the four seasons hotel in macau。
 
the four seasons hotel in macau

 
クリスマスツリー

 
部屋数が、少ないが、取れるなら、ここが、一番お勧めである。
一言でいい表すなら「落ち着ける」。
暖色の間接照明、木の素材が、多く使われている事、
ホテル従業員の対応が、テキパキとしている事++。
 
エレベーター

 
例えば、ポーター。
約束の時間の3分前に来てくれた。
完璧だ。
ついこないだ、Las Vegasの某ホテルでは、
15分も前に来やがった。
まだ、支度が、出来ていないと返すと、
今度は、20分過ぎても来ない。
Las Vegasは、部屋に客が、居ないと荷物を預からないセコいルールなので、
結果、僕は、動けず、セトルにも行けない。
全くのくそ野郎だった。
 
 
香港空港横付けlimo
 
limo

 
今回は、片道HKD3,600。
日本円で約50,000円。
あれっ!
往復のANAより高い(;´д`)。
でも、クルマは、フルフラットシートのヴェルフアイヤ。
眠れる。
超極楽。
フェリーとは、大違いだ。
sandsは、このlimo代も部屋付けに出来る。
どうせ最後は、あれこれぐちゃぐちゃで経費でセトルだ。
約50,000円の高さは、忘れてしまう。
価値あり。
お勧めです。
 
 
ビビる
 
部屋から打ちに行けない。
ビビりがある。
今回もone handは、高めに設定されている。
もし、今回もパンクしたら・・・。
入れたハズの孫の手がない。
うまくいかない。
些細な事が、敗けを連想させる。
 
 
いざPAIZA!
 
部屋でよく寝た。
体調は、バッチリだ。
Caesarspalaceの日本人dealerが、よく言っていた。
「寝ないと勝てない。」

よし、きっと勝てる!
 
 
キタ━(゚∀゚)━!
 
ここthe four seasons hotel in macauのPAIZAでは、6卓の罫線が、
飲食エリアで、まとめてモニターに映し出させる。
僕は、ここで好きな罫線を待っていた。

キタ━(゚∀゚)━!

B
PP
BBBB
H造園M木社長の鉄板目だ。
「いち・にい・よん・伸び」。
つまり、B5目めに勝負betだ。
総数をチェックする。
B → 22個。
P → 17個。
行く!
何故か卓の支那系playerは、この4目を見て、
撤収してしまった。
3目切れで、Pにbetして、玉砕したのだ。
違う、

Bが、伸びる。
Bankerに@ bet。
このtripの初撃である。
決めたい。
卓は、僕だけだ。
先にPを開けさせる。
P→6+7=3
No pressureだ。
Bの1枚目。
いつものようにパチンと音を立てて、
開いて投げ返す。
Cardは、

「J」
2枚目は、まったり完全縦絞り。
脚がある。
10ではない。
おっ!

真ん中の列にマークがある。
これは、クラブの頭だ。
「8」か「7」だ。
7は、やめてくれ。
初撃で、もし、めくられたら、このtripも嫌な予感となる。
8で、一発で決めろ!
押し込む。

ケツにもマーク!
ビビりながらも初撃を取った。ホッ)
 
 
鉄板リーチ
 
B
PP
BBBBB
となった。

行くでしょ。
6目め鉄板。
へそまで付け、高校生だ。
 
Pを開けさせる。
5+7=2
No pressureだ。
Bの一枚目

パチン!

出たカードは、

「9」
ニーハオピャオラン。
心にも無いことをdealerに適当に言う。

「モンキー!」
卓を叩いて、cardの線のクロスを狙う。

あれっ!
マーク。
しかも、4sideではない。
3side
しかも、ぬけさく、
「6」。
でもこれは、

鉄板リーチの完成だ。
P合計「2」
B合計「5」
Bankerは、1,2,3,8,9,10,J,Q,Kの条件決まり敗けなし。
恐いのは、決まらずの4,5,6,7のみだ。
Pの3枚目は、

何と、

マジか、

「6」
P→5+7+6=8
バカ野郎!
こんなcardが、出たらおもてなしの国では、
大騒ぎだと友人のへまじまが、よく言っている。
 
ほぼほぼ敗けbanker
チカラなくcardを絞る。
脚あり。
4 side ではない。

頑張れ。
出すな。
一滴もだすな!

「バカ野郎!」

「どんなもんじゃい!」
一滴も出さずに、「4 」が出た。
P→5+7+6=8
B→9+6+4=9
「however!」
どうせ知らないであろうLas Vegas慣用句を叫ぶ。
Las Vegas慣用句は、
however→8対9、
バーベキュー→6対7
American airline →AA
++。
 
鉄板リーチは、めくられたらまず、勝てない。
5から引いて、上げるのは、キツイのだ。
しかも、今回は、playerは、合計「8」。
僕は、強すぎだろう。
鉄板リーチ

めくられて、
Player make「8」

更に、めくって、
Banker make 「9」。
出来すぎだ。
まるでマンガ。
Baccarat player歴四半世紀以上の僕でも、
この決まり手は、記憶がない。
今回は、強い。
はんぱない!
 
 
勝率××%
 
とんでもないawesomeな数字が出た。
50%をここまで越えると気持ちがいい。
Last hand は、playerは、ハウス。
2枚引いてくず手。
僕は、banker「7」から、

絞ると突然、安西ひろこの曲「true love 」が、
頭の中を流れた。

両目を閉じると♪、

「見えない」

これは、

「1」 だ。
どんなもんじゃい!
気持ち良く営業終了だ。
 
 
sands総括
 
① Deal
とても丁寧。
めくれないようにcardに指をあてて、dealしてきた。
完璧だ。
一方、ghetto なのは、韓国でよくある客の張ったchip の上をcardを持ち上げてdealする事、Las Vegasで親指をcardの下に食い込ませて掴んでdealする事++。
ポンコツdealは、picture、ノーサイドが、わかってしまう。
cardをどこまでdealするのか。
それは、chipの手前まで。
Chip の上を越えて客にdealするのは、論外。
横で、chipとchipの間を通して、客の手もと近くまでdealerするのもダメ。
これが、Las Vegas ruleでは、決まっている。
日本カジ◯スクールでは、教えてくれない。
 
② 見送り
フェリーなら、フェリー乗り場まで、hostが、limoに同乗してきてくれる。
ホテル玄関でバイバイでないことが、とても大事。
特に預け荷物があるときは、ありがたい。
MACAUのフェリー乗り場では、飛行機のcheck in も同時に出来る。
でも、check inを待つ列が結構ある。
がしかし、hostは、この列をぶっちぎって、預け荷物を預けてcheck inする事が出来るようだ。
この優越感は、はんぱない。
E ticketの持参を忘れないように。
いつも思うのだが、このsuper class loungeとは、
一体なにが、superなのか?どこが、loungeなのか?
 
super class入り口

 
super class 室内

 
superと言っても、椅子が、豪華な訳でもない。
loungeと言っても、ドリンクやフードが、あるわけではない。
入り口の英語表示は、文字が剥げ落ちている。
場末感特盛つゆダクだ。
敗けのtripでは、むなしさや後悔が、倍増される。
 
③ 「seven never win 」
初めて聞いたのは、2005年のケアンズ、リーフcasinoだ。
最初は、そんなバカなと思っていた。
「7」は、上から数えて3番目に強い。
おもてなしの国なら、オリンピック中は、
銅メダルと言うとへまじまが、よく言う。
そんなに強い数字が、なぜ、never winなのだ。
がしかし、段々にこの呪文に縛られる。
僕が、「7」で待っていると、ことごとくめくられる。
「やめて!」
叫んでもめくられる。
久々にMACAUに来たら、

誰もこれを言わない。
hostにも聞いたが、MACAUでは、
playerもdealerもその手の「7」に関わることは、言わないとの事。
俄然、「7」でめくられる事が減った気がする。
強気で語意も荒くなる。
僕は、Bで2枚引いて「7」で待っている。
Pハウスの3枚目が、開けられる直前に叫ぶ、

「死んでろ!」
めくられない。
 
deposit

 
セトル

 
 
host青◯さん復活
 
どうやら、Gold Coastにhost 青◯さんが、復活したようだ。
所属は、ocean◯と言うジャンケット。
これで、Gold Coastは、star hostとジャンケットが、2組となった。
Ocean◯は、青◯さん以外にも、元部下のや◯ちゃん、更に、あ◯ちゃんの
加入もあるようだ。
これで、hostでイライラする事はないだろう。
ホスピタリティー第一位を維持してくれると信じて疑わない。
 
続くのか。。。
 
 

今すぐカジノを楽しもう!

ルーレットで現金勝負中

本場カジノからの生中継で勝負ができます。
「現金を賭ける興奮」と「勝利金を受け取る喜び」は、まさにカジノそのものです。

パソコンでもスマホでも!

オンラインカジノの遊び方

オンラインカジノ情報

いちおしオンラインカジノ

ライブカジノハウス
ライブカジノハウス
遊び方公式サイト
チェリーカジノ
チェリーカジノ
遊び方公式サイト
ワンダリーノ
ワンダリーノ
遊び方公式サイト
ベラジョンカジノ
ベラジョンカジノ
遊び方公式サイト

プレイテックが遊べるオンラインカジノ

ジパングカジノ
ジパングカジノ
遊び方公式サイト
ラッキーベイビーカジノ
ラッキーベイビーカジノ
遊び方公式サイト
ワイルドジャングルカジノ
ワイルドジャングルカジノ
遊び方公式サイト

その他オンラインカジノ

インターカジノ
インターカジノ
遊び方公式サイト

【速報】5月1日にLas Vegas c…

2020/4/21 by  りゅうじ

Baccaratの敗けは、baccara…

2020/2/14 by  りゅうじ

初めてのLas Vegas!

2019/11/13 by  りゅうじ

あおりbaccarat player a…

2019/10/1 by  りゅうじ

おかわりGold Coast!

2019/6/11 by  りゅうじ

「SDGs」持続可能なbaccarat …

2019/4/26 by  りゅうじ