フィリピンに行く前に知っておきたいこと

<< フィリピンのカジノ情報にもどる

フィリピンの基本情報

フィリピン地図

国名 フィリピン共和国
言語 フィリピノ(タガログ)語、英語
宗教 カトリック、キリスト教
通貨 フィリピンペソ(PHP)、センタボ
為替レート 1 フィリピンペソ = 約 2.37 円
100 円 = 約 24 フィリピンペソ
※2013年4月時点のレートです。

フィリピンの気候と時差

気候 フィリピンは1年を通して気温・湿度の高い熱帯モンスーン型気候で、季節風の影響によって、乾期・暑期・雨期の3つに分けられます。
年平均気温は26~27℃です。 服装は日本の夏ものでOKですが冷房対策で薄手の上着があるといいでしょう。
日本との時差 日本との時差は-1時間です。
日本が正午0:00なら、首都マニラは午前11:00 です。

▲ページの上部へ

フィリピンの通貨・両替・為替レート / 物価について

通貨

紙幣は1000ペソ、500ペソ、200ペソ、100ペソ、50ペソ、20ペソ、10ペソ、5ペソの8種類あります。 そのうち200ペソ、10ペソ、5ペソはあまり見られません。

硬貨は10ペソ、5ペソ、1ペソ、¢25、¢10、¢5の6種類あります。

フィリピン の両替

両替は、市内の銀行、両替所、空港、ホテルからフィリピン・ペソへの両替が可能です。

フィリピン市内の両替所 街中、駅、ショッピングモールに両替所があります。
レートはまちまちです。
フィリピン市内の銀行 日本円を両替できないところもあります。レートはやや高めです。
現地空港 24時間営業なので、到着後すぐに現金が必要なときに便利です。 レートはやや高めです。
現地ホテル レートは良くはありませんが、日曜や夜間など急に両替したいときに便利です。

※トラベラース・チェックについてですが、キャッシュに比べてレートが非常に悪いです。
現地で使えるところも少ないので損をしたくない方はなるべくキャッシュを持つようにしましょう。

両替の際もらうレシートは、再両替の際提示を求められることがあるので保管しておきましょう。
地方に行くときは、マニラやセブなどで日本円からペソへの両替を済ませておいたほうが無難です。

為替レート

※2013年4月時点のレートです。

為替レート 1 フィリピンペソ = 約 2.37 円
100 円 = 約 24 フィリピンペソ

フィリピンの物価

フィリピンの公共料金や食品など、日本の約3分の1の価格です

缶ジュース 20ペソ 約40円
ポテトチップス 15~25ペソ 約30~50円
ハンバーガーセット 90ペソ 約180円
タクシーの初乗り 25ペソ 約50円
ゴルフコース ビジター 1,500ペソ~ 約3,000円~

※海外輸入品などは日本と同じか、やや高めとなっています。

▲ページの上部へ

知っておきたい言葉 (タガログ語)

フィリピンでは英語が広く共通語として使われています。
アメリカ・イギリスに次いで世界で3番目に英語を話す人口が多い国です。

日本語 フィリピノ(タガログ)語
こんにちわ マガンダン ハポン
ありがとう マラミン サラマット
いいえ ヒンディ
さようなら パアラム
いくらですか? マッカーノ?
これは何ですか? アノ イト?
安くしてください マイ タワット バ
トイレはどこですか? サアン アン CR?

※ CRとはComfort Roomの略で、トイレの事です。

▲ページの上部へ

旅行・観光に持って行くと便利なもの

日焼け止め 赤道直下の国です。日中も日差しが強いため、日焼けをしたくない女性の方は特に気をつけましょう。
雨具 たとえ乾季でも突然のスコールがあることも。一年を通しスコールに備え、携行に便利な折りたたみ傘などの雨具を持っていきましょう。
常備薬 気候の変化や旅の疲れから体調を崩すこともあります。薬は普段から飲み慣れているものを用意しましょう。
上着 1年通して常夏のフィリピンですが、屋内では冷房が効いてるため薄手の上着があるといいでしょう。
ポケットティッシュ 公衆トイレにはトイレットペーパーが常備されていませんので、外出の際はカバンにいれておきましょう。

▲ページの上部へ

フィリピンの電圧とプラグ

電圧 220ボルト
プラグ Aタイプ、Oタイプ

フィリピンの電圧は120ボルト、230ボルト、240ボルトです。
周波数は60HZです。 プラグはAタイプ、Oタイプです。
そのため変圧器とプラグが必要になります。
(セブ島は110/220V、60Hz  プラグA、B3、C)

▲ページの上部へ

チップ・喫煙・罰金について

チップ

タクシー チップとして料金の10%、最低でも1~2ペソくらいが標準のようです。
レストラン サービス料が含まれていない場合は請求額の5~10%が目安です。
空港、ホテル スタッフの方にチップを渡す場合、荷物1個につき10ペソが目安です。

喫煙について

メトロマニラ首都圏内は、公共の場で喫煙を禁止しているエリアもあるので注意しましょう。
マニラ首都圏のマカティ市は、2007年6月より喫煙規則を実施しています。面積100㎡以下の公共施設は全面禁煙です。それ以上の施設でも排気設備が整った場所のみ喫煙が許されています。
※違反者は初犯1,000ペソ(約2,000円)、2回目2,000ペソ、3回目3,000ペソか3~6日の勾留処分となります。

▲ページの上部へ

飲料水・トイレ・タクシー・消費税

飲料水 フィリピンでは、上水道が完備していない住宅地も多く(パラニャ―ケなど)、タンク車の配水を受けていたり、井戸水を利用をしていたりします。フィリピンでは、水道水を飲料にしている所もありますが、日本人は避けたほうが無難です。ミネラルウォーターを飲みましょう。
水道水を飲料とする場合には、煮沸しましょう。
トイレ

ホテルでは、トイレットペーパー付きの洋式トイレがあります。
フィリピンの公衆トイレは水洗い文化です。紙がなく、代わりに水桶があり、そこに溜めた水を使い手で洗います。

※水洗い文化・・・いわゆる手動水洗便所です。水をかけて流します。
日本人の方には馴染めないかとおもいますが、マレーシアと同じく、おしりを水洗いし、左手で拭き取りを行う文化なのです。(ウォシュレットの原点。。。?)

タクシー

一般タクシーはメーター制で、基本料金20ペソからです。以後1ペソづつ加算されます。ホテルの提携タクシーは料金割高ながら安心して利用できます。

その他にも、ジープニー(相乗りタクシー1区間2ペソ)やトライシクル(オートバイの横に座席をつけた三輪車)などもあります。

消費税 フィリピンの消費税は10%ありますが、日本と比べ物価が安いこともあり、観光する上でさほど影響を受けないでしょう。

▲ページの上部へ

国際電話のかけ方

フィリピンから日本への電話のかけ方(国際電話)

相手先の電話番号の前につける番号があります。この番号は各キャリアによって異なります。

国際電話会社の番号日本の国番号(81 + 相手先の番号

※相手先が 03-1111-1111の場合、 市外局番の「03」の 0 はとります。

国際電話会社 電話会社
番号
日本
国番号
03-1111-1111の場合
KDDI 001 81 001-81-3-1111-1111
NTT コミュニケーションズ 0033 81 0033-81-3-1111-1111
ソフトバンク テレコム 0061 81 0061-81-3-1111-1111
au 005345 81 005345-81-3-1111-1111
NTTドコモ 009130 81 009130-81-3-1111-1111
ソフトバンク 0046 81 0046-81-3-1111-1111

日本からフィリピンへの電話

日本から海外へかける場合、国際電話識別番号(010)を付け足します。

国際電話会社の番号識別番号(010)フィリピンの国番号(63) + 相手先の番号

国際電話会社 電話会社
番号
識別
番号
フィリピン
国番号
02-1111-1111の場合
KDDI 001 010 63 001-010- 63-2-111-1111
NTT コミュニケーションズ 0033 010 63 0033-010- 63-2-111-1111
ソフトバンク テレコム 0061 010 63 0061-010- 63-2-111-1111
au 005345 010 63 005345-010- 63-2-111-1111
NTTドコモ 009130 010 63 009130-010- 63-2-111-1111
ソフトバンク 0046 010 63 0046-010- 63-2-111-1111

レンタル携帯なら出発前に旅行会社でもレンタルでき便利です。
日本で使用している携帯電話を海外でも利用できるサービスがあります。
対応機種が限られているなど、機種や契約内容によって、日本の番号のまま使えることとそうでないことがあるので携帯電話会社に事前確認しましょう。

▲ページの上部へ

ビザ / 移動時間と出入国の流れ

ビザ

観光目的の21日以内の滞在ならばビザは不要です。
ただし、パスポートの残存期間が6ヶ月以下は入国できません。

22日以上の滞在を希望する場合、59日間有効の延長ビザ(ツーリストビザ)を日本で取得できます。また、現地での滞在延長手続きもできます。

フィリピンへの渡航時間

マニラ フィリピン(マニラ)への直行便は成田国際空港、関西国際空港、中部国際空港、福岡空港で運行されています。フライト時間は3時間~4時間です。
セブ島 フィリピン(セブ島)への直行便は成田国際空港、関西国際空港のみとなっています。フライト時間は4時間~5時間です。

 

税関

税関では、以下が無税で持ち込めます。

  • アルコールは1リットルのものが2本まで
  • タバコは紙巻きタバコ400本、葉巻50本、パイプ用タバコ250gまで

フィリピン・ペソの持ち込み、持ち出しは10,000ペソまでです。
外貨は無制限です。 (US$1万以上は要申告)。
※銃火器類、麻薬類、ワイセツ物、偽ブランド品等の持ち込み、持ち出しは厳禁です。

出入国の流れ

入国手続きに必要な「入国カード(ARRlVAL CARD)」や「税関申請書」が機内(船内)で配られるので、必ず受け取り、その場で記入しておきましょう。

入国カードとは?

パスポートとともに入国審査の際に必要です。
予め機内(船内)で記入し、入国時に提出するものです。

※出発時刻の2時間前には搭乗手続きが始まるので、余裕を持って空港へ行きましょう。

入国の流れ
  1. 入国審査
    外国人専用のカウンターに並び、審査官にパスポートと入国カードを提示して入国審査を受けます。
  2. 荷物の受け取り
    自分が乗ってきた飛行機の便名が表示されたターンテーブルで、日本出発の際に預けた荷物を受け取ります。
  3. 税関検査
    フィリピンに入国する旅行者には、税関申告書の提出が義務付けられています。予め機内(船内)で記入した税関申告書を係員に渡し、荷物の検査を受けます。
出国の流れ
  1. 搭乗手続き(チェックイン)
    航空会社の自分が利用するクラスのカウンターに並び、航空券とパスポートを提出し、荷物を預け、搭乗券を受け取ります。
  2. 手荷物検査
    係官に搭乗券を提示し、手荷物検査とボディチェックを受けます。機内持ち込み荷物はポーチなどの小さなバッグもすべて見せましょう。
  3. 出国審査
    外国人用の出国窓口に並び、係官にパスポートを提示し審査を受けます。時期により混み合う場合もあるので余裕を持って受けましょう。

▲ページの上部へ

カジノで勝った時の税金

海外のカジノで勝ってしまい、税金の事で不安になる方もいらっしゃることでしょう。
せっかく勝っても課税されるのかどうかを知っておきましょう。

大金を現金の状態で所持したまま日本に帰国しても、税関で正しく申告すれば、その場で納税させられるということはありません。税関で徴収されるのは関税であって、所得税の徴収は税関の管轄ではありません。持ち帰った札束を、そのまま自宅まで持って帰ることが出来ます。

※ 税法上の一時所得をカジノで勝った場合は、税務署や税理士さんに確認しましょう。

<< フィリピンのカジノ情報に戻る

▲ページの上部へ


▼ カジノ好きの方におすすめ ▼

自宅で遊べるライブゲーム

海外からの生中継で本場カジノのゲームができ、勝てば現金で受け取れます。
「カジノに行きたいけど行けない。」そんな時でも、今すぐカジノが楽しめます。

ライブディーラー

ディーラーバーストで全員勝利!

ライブゲームの遊び方≫